まるで親戚の家が奈良の業者でリフォームをして新築の家のようになりました。これには驚きました。

歴史ある古い家をリフォームして活用しよう

新築同然の奈良のリフォーム

歴史ある古い家をリフォームして活用しよう
私の親戚は東京に暮らしていたのですが、奈良の元々あった家に戻ってくることになりました。そのときにリフォームをすることにしたのです。その前は築23年くらいの古い家だったのですが、改築をしたことによってかなり見違えるほどにきれいになっていたのでびっくりしてしまいました。もう新築といっても過言ではないというくらいだったのです。親戚の話によりますとこれは骨組みだけを残してその他は全て改築してしまったのだそうです。ですので外壁もきれいになりました。それから庭もかえたのでもう前の家の名残は殆ど残っていなかったのです。ただ一つだけ前の家のものが残っている部分がありました。それは階段だったのです。これはまだきれいで使えるのでそのままにしたのです。そして親戚はここにペンキを塗って欲しいということを言ったそうですが、それをすると汚くなるのでやめたほうがいいと提案されてやめたのだそうです。確かにそれは正解だったのかも知れません。
前とは全く間取りなども変わっていましたしびっくりしてしまいました。キッチンの位置も前と変わっていたのです。キッチンは今では対面式になっており、家事をしながらでもみんなと会話ができるようになっていたのです。このような仕組みは私も参考にしたいと思いました。私も同じ地域に暮らしていますので、もしも自分の家を改築するようなことがあれば同じ業者の方に依頼したいと思いました。すごくいい業者だったと思います。

関連サイト



Copyright(c) 2017 歴史ある古い家をリフォームして活用しよう All Rights Reserved.